【業界別】お問合せフォーム営業のコツと例文解説!メール文面の作り方を紹介

お問い合わせフォーム営業は顧客とのコミュニケーションを通じてビジネスを拡大するための重要な手段です。しかし、どのような文面を使ってアプローチすれば効果的なのか悩んでしまうこともあるでしょう。そこで、業界やシチュエーションに合わせた文面例をご紹介します。

お問合せフォーム営業とは?

お問合せフォーム営業とは企業の公式ホームページのお問合せフォームへ営業メールを送る営業手法のことです。どの業界でも利用できるような汎用性の高い営業方法であり、始めるだけであればコストが低いというのが最大の長所であると言えるでしょう。

この手法のメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

出典:問い合わせフォーム営業って?迷惑がられないためのコツも紹介

お問合せフォーム営業のメリットとは?

  • 面識のない企業にもアプローチできるため、新規開拓がしやすい
  • 問い合わせフォームに届くメッセージを、決裁者が確認している企業が多くあり、高確度のアポイントにつながりやすい
  • フォームに入力された名前や連絡先を使って、自動返信メールを設定することができ、返信率を高めることができる

インサイドセールスBlog|株式会社soraプロジェクト

企業の問い合わせフォームにメールを送る、問い合わせフォーム営業。本記事では問い合わせフォーム営業のメリットや問題点を解説…

出典:問い合わせフォーム営業で成功する秘訣を解説!正しいメールの作法も

お問合せフォーム営業の文面作成のコツ

お問い合わせフォーム営業は、企業の公式ウェブサイトのお問い合わせフォームを活用した効果的な営業手法です。特に業界ごとに適したお問い合わせフォーム営業メール文面を作成する際には、以下のポイントを参考にすることが重要です。

出典:「お問合せフォーム営業」で使える!反響率の高いメッセージの書き方

返信率を上げるためのポイント

返信率を向上させるためには、以下のポイントが重要です。

  • ターゲットの明確化
    送信先の企業や業界に合わせた文面を作成することが大切です。同時に、送信先の担当者の役職や業務内容に合わせた文面を作成することも重要です。受け手に合わせたアプローチが成功の鍵です。
  • 簡潔な文面
    返信率を上げるためには、簡潔な文面を心がけることが大切です。長文や冗長な表現は避け、必要な情報を端的に伝えるようにしましょう。相手の時間を尊重し、興味を引く要点を明確に伝えることが肝要です。
  • 丁寧な敬語
    返信率向上には、敬語を使った丁寧な文面を心がけることが大切です。相手に対する尊重と信頼を示すために、礼儀正しさは欠かせません。また、相手の立場やニーズに焦点を当てた文面を作成することも重要です。受け手の視点からアプローチしましょう。

株式会社ハンモック

フォーム営業とは何かご存じですか?今回はフォーム営業の概要を押さえつつ、実施ステップや基本となる文章構成、取り組む上での…

出典:【フォーム営業とは】実施ステップやポイントなどを簡単解説

件名の作り方

効果的な件名を作成するには、以下のポイントを心がけましょう。

  • 具体的な内容
    件名は、相手に興味を持ってもらえるような具体的な内容にしましょう。相手の業務内容や関心事に合わせた内容を盛り込むことが重要です。例えば、相手企業のニーズや業界のトレンドに焦点を当てたり、具体的な価値提案を反映させたりすることで、関心を引きます。
  • 簡潔な表現
    件名は、簡潔な表現にすることが大切です。冗長な表現や長すぎる件名は、相手に読まれない可能性が高まります。要点を端的に伝え、わかりやすくすることが鍵です。文字数を制限し、興味を引くキーワードを選んでください。

フォーム営業研究所

「問い合わせフォームの件名って大切だけど、どんなタイトルが効果的なのか分からない」とお悩みの方必見!この記事では、営業に…

出典:営業に効果的な問い合わせフォームの件名例!顧客の興味を引きつけるタイトルの作り方とは?

本文の構成と例文

効果的な営業メール本文の構成は以下の通りです。

  1. 挨拶
    最初に、相手に対する丁寧な挨拶を行いましょう。相手の役職や業務内容に合わせた敬称を使うことで、尊重の意を示します
  2. 自己紹介
    次に、差別化ポイントを強調する自社の紹介や提供する商品・サービスの魅力を伝えましょう。相手に興味を持ってもらえるような内容を盛り込むことが大切です。
  3. 相手の課題へのアプローチ
    相手の課題やニーズに焦点を当て、具体的にどのように自社の商品・サービスが役立つかを説明しましょう。事例や成功事例を挙げることで、提案の信憑性を高めることができます。
  4. アクションの提案
    最後に、相手にアクションを促す提案を行いましょう。具体的な行動を示すことで、相手に返信しやすくなります。日程や方法の提案を含めることで、返信へのハードルを下げましょう

この構成に従って、営業メールを作成することで、相手に対する効果的なコミュニケーションが可能となります。

アポカレッジ! | リード獲得を考察するメディア

テレアポに変わる集客施策として効果がある問い合わせフォーム営業。今回は、毎月100件以上のアポイントを獲得した経験から、…

出典:【例文付き】問い合わせフォーム営業の文面を作るコツを解説!

例文

  • 件名: 【商品・サービス名】のご提案
    お世話になっております、株式会社〇〇の△△と申します。貴社のウェブサイトを拝見し、大変興味を持ちました。

    当社は、〇〇業界に特化した商品・サービスを提供しております。貴社のお悩みや課題に対して、当社の商品・サービスがどのように役立つかをご説明いたします。

    具体的には、〇〇に関するお悩みをお持ちの場合には、当社の〇〇サービスが最適な解決策となることがございます。また、〇〇に関するご相談やお問い合わせについても、当社の〇〇担当者が丁寧に対応させていただきます。

    この度は、貴社のお悩みや課題に対して、当社の商品・サービスがどのように役立つかをご説明させていただきました。ぜひ、一度お話をお聞かせください。ご連絡をお待ちしております。

    何かご質問やご要望がございましたら、お気軽にお知らせください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

    株式会社〇〇
    △△
    電話: 012-345-6789
    Email: info@samplecompany.com

この例文は挨拶から始まり、自己紹介、提供する商品・サービスの説明、アクションの提案まで、効果的な営業メールの要素を含んでいます。また、具体的な業界やサービス名はカスタマイズ可能です。相手に興味を持ってもらえるような内容を盛り込んでおり、返信を促すアプローチを取っています。

業界別に営業メールの内容を変更する

完全に業界に合わせた営業メールの例文を提供するためには、具体的な業界とその業界に特有のニーズや用語が必要です。

  • 業界特有の用語とニーズの把握
    まず、ターゲット業界の特有の用語やニーズを理解しましょう。その業界が直面する課題やトレンドを把握することが重要です。
  • 業界別の参考資料
    業界に関する参考資料や報告書を入手し、業界のトピックスやキープレイヤーについて調査しましょう。これにより、営業メールの文面をより効果的にカスタマイズできます
  • ニーズへのアプローチ
    目標業界の特有のニーズに焦点を当て、自社の商品やサービスがそのニーズにどのように対応できるかを具体的に説明しましょう。
  • 業界マナーの尊重
    業界によっては、ビジネスマナーやコミュニケーションのルールが異なることがあります。相手の業界マナーや好みに合わせた文体や表現を使うことが大切です。
  • テストとフィードバック
    カスタマイズした営業メールを実際に送信し、相手からのフィードバックを受けることで、メッセージを改善し続けましょう

業界によって営業メールのアプローチが異なることを理解し、それに合わせて文面を調整することは、成功率を高めるために重要なステップです。

お問合せフォーム営業におすすめのツール

お問い合わせフォーム営業を行う際におすすめのツールとしては、以下のようなものがあります。

  • リスト作成ツール
    企業の公式サイトや問い合わせフォームページ、メールアドレスなどといった情報を収集し、リスト化するツールです。これによって数百件、数千件の企業情報をリスト化し、営業メールを送る対象を選定することができます。
  • CRMツール (Customer Relationship Management)
    営業活動の効率化や顧客情報の管理にはCRMツールが非常に役立ちます。このツールを使用することで、お問い合わせフォームからの情報を統合し、営業プロセスを追跡・管理できます
  • メール配信ツール
    大量の営業メールを送信する場合、メール配信ツールはメールキャンペーンの管理やトラッキングに役立つツールです。このツールを使えば、効果的なメールマーケティングが可能です。

選択するツールはビジネスのニーズや予算に合わせて検討することが重要です。また、ツールを選ぶ際には、ユーザーレビューやデモを活用して、自社の要件に最適なものを選ぶことがおすすめです。

アスピック|SaaS比較・活用サイト

企業の「お問い合わせページ」のフォームを通じて1件1件営業メールを送るのに膨大な時間がかかる、なかなか契約に結びつかない…

出典:フォーム営業ツールの比較7選。利用の注意点もご紹介

今回はお問い合わせフォーム営業において営業メールの重要性と業界別のカスタマイズについて解説しました。一般的に、企業はリスト作成ツールを活用し、企業リストに含まれる各企業に対して営業メールを送信します。しかし、異なる業界に同一文面のメールを送ることは避けるべきです。異業種向けのメールを受け取った場合、受信者は無差別な営業メールとみなし、送ったメールはスパムとして扱われる可能性が高まります。したがって、業界ごとに文面をカスタマイズし、相手企業の特有のニーズや要望に合わせたアプローチを取ることが不可欠です。

メールの文面を工夫し、異なる業界向けに複数の文面パターンを用意することで、お問い合わせフォーム営業の成功率を高めることができるでしょう。

お問い合わせフォーム営業とは何ですか?

お問い合わせフォーム営業とは、企業の問い合わせフォームへ営業メールを送る営業方法です。

お問い合わせフォーム営業のメリットは何ですか?

お問い合わせフォーム営業のメリットは、新規顧客開拓がしやすいことです。また、既存の顧客からの問い合わせにも迅速に対応できるため、顧客満足度の向上にもつながります。

お問い合わせフォーム営業の件名にはどのようなキーワードを使えば良いですか?

お問い合わせフォーム営業の件名には、具体的な商品やサービス名、問題解決のキーワード、お得な情報など、受け手が興味を持ちそうなキーワードを使うと良いでしょう。

お問い合わせフォーム営業のメール文面にはどのような内容を盛り込めば良いですか?

お問い合わせフォーム営業のメール文面には、自社の商品やサービスの特徴やメリット、問題解決の提案、お得な情報などを盛り込むと良いでしょう。また、受け手のニーズに合わせた具体的な提案や、資料の提供なども効果的です。

お問い合わせフォーム営業のメール文面で注意すべき点は何ですか?

お問い合わせフォーム営業のメール文面で注意すべき点は、受け手のニーズに合わせた提案をすること、長すぎず簡潔にまとめること、正しい敬語を使うこと、返信を促す文言を入れることなどです。

お問い合わせフォーム営業のメール文面で使える例文を教えてください。

例えば、「お問い合わせありがとうございます。弊社の商品は〇〇という特徴があり、お客様の問題を解決することができます。是非、資料をご覧いただき、ご検討いただければ幸いです。」などがあります。

お問い合わせフォーム営業のメール文面を作成する際に使えるツールはありますか?

お問い合わせフォーム営業のメール文面を作成する際には、メール自動作成ツールや、メールテンプレート作成ツールなどがあります。これらのツールを使うことで、より効率的にメール文面を作成することができます。

お問い合わせフォーム営業のメール文面を送信するタイミングはいつが良いですか?

お問い合わせフォーム営業のメール文面を送信するタイミングは、受け手がメールを開封しやすい時間帯や、問い合わせから一定期間が経過した後などが良いでしょう。

お問い合わせフォーム営業のメール文面で返信を促す文言は何が良いですか?

お問い合わせフォーム営業のメール文面で返信を促す文言としては、「お手数ですが、ご返信いただけますようお願いいたします。」や、「ご検討いただけますよう、お問い合わせいただければ幸いです。」などがあります。

お問い合わせフォーム営業のメール文面で、業界別に使える例文はありますか?

業界別に使えるお問い合わせフォーム営業のメール文面の例文は、以下のようなものがあります。

  • IT業界
    「弊社のサービスは、セキュリティ性が高く、お客様の情報を守ります。是非、資料をご覧いただき、ご検討いただければ幸いです。」
  • 不動産業界
    「弊社の物件は、駅から徒歩5分以内という好立地にあり、お客様のニーズに合わせた物件をご提供できます。是非、資料をご覧いただき、ご検討いただければ幸いです。」
  • 医療業界
    「弊社の医療機器は、最新の技術を採用し、患者様の健康を守ります。是非、資料をご覧いただき、ご検討いただければ幸いです。」